歯周病と糖尿病は素人が見れば何のつながりもありませんが

歯周病とは、歯石に棲みついているストレプトコッカス・ミュータンス菌がもとになって歯茎に炎症が生じ、歯茎に植わっている骨が溶けてしまう病気で、歯周病のせいで歯を失うことにもつながります。

産まれたての赤ちゃんを除けば、口腔内には200種類~500種類の細菌がいますが、これらが固まると歯石となり、次第に歯肉の炎症につながってしまうのです。

歯周病の原因は口腔ケアが不十分なこと以外にもたくさんあり、歯ぎしり、食習慣、喫煙、ストレス、糖尿病、骨粗鬆症、薬の長期服用などです。

歯周病は医学の進歩でその進行を阻止することも可能になってきましたが、やはり完治させることはできないので、大前提として定期的に歯科健診を受けて予防しましょう。

そのため、虫歯にしても歯周病にしても、まずは歯磨きがすべてと言っても過言ではありませんので、歯科で歯磨きをちゃんと指導してもらい、できるだけ未然に予防できるよう頑張りましょう。

糖尿病と歯周病は素人が見れば全く関連性がありませんが、本当はかなり関わりが高いのです。

糖尿病になると生体本能である抵抗力が下がるので、歯周辺の組織が毛細血管を通じて細菌に感染しやすくなり、その過程で歯周病にも簡単にかかってしまうのです。

また、糖尿病の持病のある人は唾液が普通の人よりも少ないので、口腔内をアルカリ性に保ちにくいので、これも虫歯や歯周病につながります。

糖尿病を持つ歯周病の患者に治療をすると、血糖値が健康な人と同じくらいになることがあるので、ここから歯周病が糖尿病の治療にマイナスなのではないかと推測されています。

高血糖は自覚することができませんので、まさか自分が糖尿病だと気付いていない患者が多いのですが、歯の定期検診によってもしかしたら糖尿かもと気付くことが珍しくありません。

糖尿病だけでなく、口腔内の状態は体全体の健康に密接なつながりがあるという話もありますので、歯磨きは正しく行いましょう。

インプラントとは、簡単に言えば入れ歯。
わきが対策ならコレ!
虫歯や歯周病が原因で歯を失った箇所に人工の歯根を埋め込み、そこに歯を取り付けるわけです。

インプラントは健康保険が使えないためかなり高額になり、1本あたりの相場は25万円~45万円になるのも珍しくありません。

そんなにバカ高いのかとお思いかもしれませんが、インプラントは技術の習得など色々大変で初期費用がかなりかかるため、納得して支払うほかありません。

インプラントの利点は、ブリッジの技術とは異なり、周囲の歯にかかる負担を減らすことができるという点です。